住宅から都市デザインへ

私たちは建築家のチームです。美しいデザインが幸せをもたらすと信じています。 建築を設計し都市を築くのが「思い」です。 住宅への・集住への・リノベーションへの・まちづくりへの四つの思いで 「住宅から都市デザインへ」に取り組んで参ります。

住宅への思い

「住宅は弦楽四重奏」

「住宅は建築の原点」といわれますが、 小さな空間に多くの機能を備え持ち 内外部の空間がきめ細かく呼応する結実は、 「建築」の本質が最も凝縮された姿なのです。 音楽の世界ではオペラや交響楽などに対して、 「弦楽四重奏が音楽の原点」といわれますが、 住宅もまた弦楽四重奏のように凝縮された 総合芸術なのです。

リノベーションへの思い

「医者の仕事」

リフォームの仕事は医者の仕事に似ています。 患者の病状を聞き出し、診察をしながら 症状に適した処方を施します。 依頼主が抱えている様々な症状(不満)を聞き出し、 どう処方すると満足し、 かつ予算内で可能かどうかを判断し、 快適な空間への変身を実現するのが 名医といえます。

集住への思い

「町に住む作法」

人は古来、集まって棲んできました。 家々が集合し、街となり都市となります。 個である住宅を深く理解し、 群となる作法を極めることが必要です。 美しい街は美しい住宅の集合によって実現します。 戸建て住宅地も共同住宅も、 集住の姿であり都市の姿であり、 そこに集住の専門医の仕事があります。

まちづくりへの思い

「町医者を目指して」

小さな家づくりを続ける事で 街を美しくしたいのです。 コミュニティとの繋がりを大切にします。 専門家としての支援に加え、 人としての信頼関係を築きます。 コミュニティ・アーキテクトは 「町医者」的建築家像です。 南條設計室の目標が、そこにあります。

  • 株式会社 南條設計室
  • 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-33-15 EN代官山ビル3F
  • tel: 03-5456-1315

TOP